[PR] 投資

れぽれぽ。


【多治見観光】 こども陶器博物館 / 『 ミッフィーのまいにち 』  2019/10/19(土) *


多治見にあるこども陶器博物館の 『 ミッフィーのまいにち 』 展へ行ってきました


駐車場からミッフィーのタイルがお出迎え
201910miffy-01.jpg
201910miffy-02.jpg


博物館にはミッフィーのフォトスポットが沢山ありました
201910miffy-03.jpg
201910miffy-04.jpg
201910miffy-05.jpg
ミッフィーの耳のフォトプロップスも用意されていました


メインの、 『 ミッフィーのまいにち 』 の展示作品の方は、全て撮影禁止でした。
展示作品も、思っていたよりこじんまりしてました。
わざわざ愛知から行くほどでは無かったかなと思います(^^;)


博物館には、子供を遊ばせることが出来る広いプレイスペースが有りました。
201910miffy-06.jpg
土曜日でしたが、貸し切り状態で娘は ずっと遊んでいました


また、1階にはミッフィーの絵本がずらり
201910miffy-07.jpg
201910miffy-08.jpg


こども陶器博物館を運営している 金正陶器 さんは、
昔から子供用食器を作っている老舗の会社です。
今までの歴代の子供用食器がずらりと展示されているフロアもありました。
懐かしかったです
懐かしくて 「なつい!!」 と 叫びまくりでした
ミンキーモモやママレードボーイ、ピーターパンの冒険、セーラームーンなどなど (年がバレるw) 再販して欲しい~
こちらのフロアも写真撮影禁止だったのが残念でした


ちなみに、増税前に駆け込みで買ったこちらの食器も、金正陶器さんのだったりします(*^^*)
201910miffy-09.jpg
娘に聞かず、母の独断と趣味で購入したのですが(笑)、
気に入って使ってくれてます

♡ ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 写真ブログへ 人気ブログランキング

Tags : 岐阜 ミッフィー 美術展感想

【美術展】 夏休み特別企画展「Flowers モードに咲く花」 @神戸ファッション美術館  2019/08/18(日) *


神戸ファッション美術館 で開催されている
夏休み特別企画展 『 Flowers モードに咲く花 』 へ行ってきました
201908fa-07.jpg


ファッションデザイナーの コシノヒロコさん の作品展示コーナー ( 無料 )
201908fa-02.jpg
201908fa-03.jpg
201908fa-01.jpg
201908fa-04.jpg
201908fa-05.jpg


会場内は写真撮影禁止でしたが、
最後の
『 ナポレオン戴冠式 』 衣装(復元) の所だけ撮影可能でした
201908fa-15.jpg
201908fa-14.jpg
201908fa-13.jpg
201908fa-16.jpg
201908fa-17.jpg
201908fa-18.jpg
201908fa-19.jpg
201908fa-20.jpg
201908fa-21-2.jpg
201908fa-24.jpg
201908fa-22.jpg
201908fa-23.jpg
201908fa-25.jpg
201908fa-26.jpg
201908fa-27.jpg
201908fa-28.jpg
201908fa-29.jpg
201908fa-30.jpg
201908fa-31.jpg


民族衣装の試着コーナー ( 入場者のみ )
娘は優しいピンク色のチマチョゴリ、
私は薄緑色のチマチョゴリを着ました。
娘は背が足りなかったので、上の羽織だけ着用しました
201908fa-06.jpg


『 フェリシモ500色の色えんぴつで彩るフラワー・タペストリー・プロジェクト 』
201908fa-11.jpg
201908fa-12.jpg

500色の色鉛筆を使って花の塗り絵をして、
壁に貼るという企画です。
会場には沢山のお花が咲いていました(*^_^*)

201908fa-10.jpg
201908fa-09.jpg
201908fa-08.jpg


最後に バーチャル試着体験 をしてきました。私も娘も二人とも、です(笑)。
201908fa-33.jpg
201908fa-32.jpg

これは企画展関係なく常に開催されています。
機械上で、
神戸ファッション美術館所蔵の貴重な服に
自分の顔をはめ込み画像で入れて
その服をまるで着ているかのような画像を作成することが出来ます
出来た写真をスマホに保存することも出来ます。
100円で印刷もできます。
保存した画像の拡張子が変だったので、
私はパソコン上で「.jpg」という拡張子に変更し直して保存しました(^^)

♡ ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 写真ブログへ 人気ブログランキング

Tags : 観光コスプレ 観光地コスプレ 神戸 美術展感想 美術展

【豊田観光】豊田市美術館  2016/01/21(木) *


豊田市美術館公式サイト ) へ行ってきました。
現代アートの美術館ということで面白そうだなと思い、かなり期待して見に行きました。


美術館の建物がモダンな造りで、かっこよかったです!! 写真映えする建物!!
建築家・谷口吉生 氏 の代表作の一つとなった建築だそうです。
2016toyotamuseum-2.jpg
2016toyotamuseum-1.jpg
2016toyotamuseum-3.jpg


屋外展示の鏡を使った作品も素敵でした
楽しくて色々と写真を撮ってしまいました。
2016toyotamuseum-4.jpg
2016toyotamuseum-5.jpg


そして期待を胸に、いざ美術館内へ

………
…あ、あれ?
なんか心に響かない…


その時の特別展の作風があまり好きなテイストじゃなかったせいなのか、
肝心の、美術館内の作品はイマイチに感じてしまいました…
屋内より屋外の展示や建物の方が素敵と思った美術館でした(+_+)

♡ ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 写真ブログへ 人気ブログランキング

Tags : 東海 愛知 美術展感想 美術館 豊田

美術展感想 : 草間彌生 「 永遠の永遠の永遠 」  2012/03/04(日) *


国立国際美術館で現在行われている 草間彌生さんの美術展 「 永遠の永遠の永遠 」 へ行ってきました♪


入口から草間さんテイスト全開☆
赤×白の水玉と言えば草間さんですよね!!(*^-^*)
2012-kusama-2.jpg


そして、草間さんお馴染みの 巨大カボチャ も出現!!
私は今回が見るの初めてでしたので、大感激でした!!
2012-kusama-3.jpg


美術展自体は、絵画作品が展示の大部分を占めていたのですが、
部屋一面に上下二段びっしりと貼られた不思議な抽象画は圧巻でした。
鬼気迫るような迫力の絵でした。


この立体作品の部屋だけは写真撮影OKでした。
白×赤の水玉チューリップがとっても可愛かったですv メルヘンv(´▽`*)
2012-kusama-5.jpg


今回唯一の インスタレーション作品 『 魂の灯 』
2012-kusama-4.jpg
鏡に光が映って瞬いていて、まるで無限に広がる宇宙のようでした。とても幻想的で美しい作品でした(*><*)


また、美術展内で流れていたドキュメンタリービデオの中で草間さんは、

( 「何枚描きたいですか?」の問いに対して )
「1000枚でも2000枚でも描きたい。」


「ピカソやゴッホを超えるの。
トップにならないといけないの。」


「絵を描かないと自殺したくなるの。
絵を描いてなかったらとっくの昔に死んでる。」


とおっしゃってました。
草間さんの絵への想いがハンパないなと思いました(@@;)
流石 草間さん。パワフルですよね~。


リーガロイヤルホテルにも草間さんの立体作品が1点展示されていたので帰りに寄ってみました。
2012-kusama-1.jpg
リーガロイヤルホテルは、国立国際美術館のすぐ近くです。歩いて寄れます(^^)
♡ ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 写真ブログへ 人気ブログランキング

Tags : 美術展感想 草間彌生

BIWAKOビエンナーレ2010 @ 近江八幡  2010/10/12(火) *


biwa-07.jpg

滋賀県の近江八幡で毎年行われている現代アート×古民家の祭典、
琵琶湖ビエンナーレ2010(入場パス 1,000円)へ行って来ました
風情ある近江八幡の町を散策しながら、
現代アートが展示された古民家を巡って楽しむという素敵なアートイベントです。


■ 会場へのアクセス方法 ■ --------------------------------

JR 近江八幡駅の北口の方から出て、
6番乗り場から「長命寺・国民休暇村」行きの近江鉄道バスに乗って「大杉町」のバス停で下車。
バスの料金は片道210円でした。
近江鉄道バスの時刻表は、公式サイトの時刻表のページから調べてみて下さい。

 ● 行きのバス … 停留所名 「近江八幡駅」6番「長命寺・休暇村行き」 の時刻表参照。
 ● 帰りのバス … 停留所名 「大杉町八幡山ロ-プウェイ口 」「近江八幡駅行き」 の時刻表参照。

------------------------------------------------------------

現代アート作品が展示された15軒の古民家を全て周り切りました
スタンプラリー的な感覚になって、達成感がかなりありました
1軒1軒紹介していくと あまりにも膨大になってしまうので、ピックアップして写真を載せてみます


biwa-03.jpgbiwa-04.jpg
屋根裏部屋に、竹で作られた球体が所狭しと展示されていました。
宙に浮く椅子がなんとも格好よかったです


biwa-01.jpg
biwa-02.jpgbiwa-12.jpg
古びた倉庫の中に突如現れたディスコ(っぽい)空間
ミラーボールが妖しげな光を発していました。
地面に映し出された自分の影も面白いことになっていたので、取り敢えずポーズ取っておきました


biwa-05.jpg
古民家の何軒かで、ちょこちょこ見かけた不思議な猫の人形。
妖しくて不気味な雰囲気でしたが、なんだか気になる子でした。


biwa-06.jpg
屋根裏部屋に上がったら こんな空間が広がってました。
なんだか死を看取られる部屋のような雰囲気でした…


biwa-08.jpg
庭に巨大なオレンジ色の球が置かれていました。この球は陶器で出来ているそうです。


biwa-09.jpg
描き手が居なくなってしまった廃墟のアトリエのよう。
時が止まった空間みたいでした。


biwa-10.jpg
biwa-11.jpg
個人的に一番おススメの青木美歌さんのガラス作品が展示された「幸村邸」です。
畳に無数に突き刺された繊細なガラス達が美しかったです


biwa-13.jpg
面白い色味の障子があったので、思わずチョケて写真撮ってしまいました


biwa-15.jpg
biwa-14.jpg
「森林食堂」という設定の作品。
思わず「かわいいいーーー!!!」と叫んでしまいました
美味しそうな森林カレーです
勿論、食べられませんけれど…


biwa-16.jpg
biwa-17.jpg
奇妙奇天烈な形の全身金ぴかの物体。
が、よくよく近寄って見てみると、
三角コーナーや洗濯カゴなど超日用品が金ぴかにされているだけなのが分かります


今回初めてビワコビエンナーレへ行ったのですが凄い面白かったです。
現代アートだけじゃなくて、
近江八幡の町自体も風情ある川が流れていたりと散策していて楽しかったです。
毎年開催されているイベントのようなので、また来年も是非行きたいです!!
♡ ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 写真ブログへ 人気ブログランキング

Tags : 美術展感想 琵琶湖ビエンナーレ

美術展感想 「 中原淳一展 」   2009/09/23(水) *


大丸神戸店で行われていた美術展「 中原淳一展 」へ行って来ました。
最終日に滑り込みで見てきました。
090923.jpg

中原さんの絵は睫毛ビシバシな
昔の少女漫画テイストな絵柄でしたが、それが良かったです!!
眠っていた乙女ゴコロをくすぐるというかキラキラ(*><*)
初期の絵柄はいかにも「昭和」という感じですが
1950年以降の絵は今見てもそれほど違和感感じないオサレな絵でした。リアル絵風で。
レトロだけどモダンでもあって、
美しくもあり可愛くもある。
女性は皆こういうテイストにキュンキュンしちゃうんじゃないかなと思います。

ご年配の御婦人方も沢山見にいらっしゃっていて
お友達数人と少女時代に戻られた雰囲気で
「この絵は見た覚えがあるわ!」と昔を懐かしみながら見られていました。
他の美術展ではまず見られない光景で
なんて素敵な美術展なんだろうと思いましたほっ

ただポストカード1枚150円というのはちょっと高かったような…5枚買ったけどさ☆笑
グッズ売り場もそこら中が乙女たち(笑)でごった返していました。
♡ ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 写真ブログへ 人気ブログランキング

Tags : 美術展感想

美術展感想 「 ルーヴル美術館展 ―17世紀ヨーロッパ絵画― 」   2009/09/22(火) *


京都市美術館で現在行われている
「 ルーヴル美術館展 ― 17世紀ヨーロッパ絵画 ― 」 へ行って来ました♪
090922-1.jpg

シルバーウィーク真っ只中とあって多少の混雑は覚悟していたのですが

まさかの入場2時間待ちでした…

は、ハンパなかったです ( 涙目 ) 。
兵庫県立美術館の 「 だまし絵 」 の混み具合の比じゃなかったです。
前売り券を買ってなかったら、確実に諦めて帰っているところでした。
2時間も並んでようやく入ったのに
総展示数が70点と非常に少なかったせいか

たった30分で全て見終わりました…

せ、切ない… 何、これ、とっても切ない…
6年前にパリのルーヴル美術館に行ったことのある人間としては、
フェルメールの 「 レースを編む女 」 も
「 大工ヨセフ 」 も しかと見た記憶がある人間としては、
わざわざ日本で2時間堪え忍んでまで見に行く必要は全くなかったんじゃなかろうかという気がしました…
もちろん一度も見た事の無い方にとっては並んで見る価値は十分あるとは思いますが…
個人的には兵庫県立美術館の 「 だまし絵展 」 の方が楽しめて良かった気がします。


その後、青蓮院門跡 ( しょうれんいんもんぜき )
国宝 『 青不動明王 』 ( 日本三大不動の一つ ) という仏教画が
初めて一般公開 ( 開帳 ) されているということだったので、せっかくなので見に行ってきました。
090922-2.jpg
入場料が1,000円と少しお高めでした。
その代わり、入場チケットとともに祈祷書を渡され、
そこに願い事を書いて青不動明王にお願いする事が出来ました。
実際に見た青不動はポスター等で見るよりも大分、色が薄い感じに感じられました。
手前に薄いベールでもかけられてるのかと思う位でした。

♡ ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 写真ブログへ 人気ブログランキング

Tags : 美術展感想

美術展感想 「 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展 」 と 「 だまし絵展 」  2009/09/19(土) *


西宮市大谷記念美術館で現在行われている
『 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展 』 へ行って来ました。
090919-01.jpg
090919-02.jpg

色々な絵本の5枚連画の原画が展示されていました。
色んなタッチの絵本原画を一度に沢山見ることが出来て楽しかったです。
絵本というだけあって可愛い絵が多かったので見てて癒されましたキラキラ
看板になっている猫をはじめとして猫キャラの絵本が多かったのですが、
どのにゃんこさんも皆、可愛かったです@好き


続きましては兵庫県立美術館で行われている
『 だまし絵展 』 へ行って来ました。
090919-03.jpg

5連休の初日だったのか、人気美術展だったのかどえらい人でした手書き風シリーズ汗2
今まで行った美術展の中で一番混んでいた気がします。
展示されている絵がすべてなんらかの 『 だまし絵 』 なので
皆、見るペースが非常にゆっくりだったんですよね。

色んなものが組み合わされて全く別の絵になってる絵、
見方によって全く別の絵に見える絵、
ありえない構図の絵、
本物みたいな絵

等々、どこに「だまし」要素が入っているのかすぐに分からないものが多いので、
それを見つけるのに皆時間かかっているようで中々列が動かず混んでいたようです。
有名な展示作品は、

M.C.エッシャーの 「 上昇と下降 」 「 滝 」 「 ベルベデーレ (物見の塔) 」
ルネ・マグリットの 「 白紙委任状 」
歌川国芳の 「 みかけはこはゐがとんだいゝ人だ 」

などなど、美術の教科書などで一度は見掛けた事がある名画がずらり。
見ててかなり楽しめました♪

♡ ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 写真ブログへ 人気ブログランキング

Tags : 美術展感想

美術展めぐり  2009/08/30(日) *


大阪の国立国際美術館で行われている特別展
ルーヴル美術館展 美の宮殿の子どもたち」、
そして同時開催中の写真家・やなぎみわさんの写真展
やなぎみわ婆々娘々!(ポーポーニャンニャン)」を見に行ってきました♪
友人に誘われて行ったので
私はやなぎみわさん自体を全く知らなかったのですが、
美しいけれどどこか毒のきいた写真に心ガッツリ掴まれてしまいましたハート
若い女性や男性を特殊メイクで「おばあちゃん」の姿にして写真を撮るという
代表作の「マイ・グランドマザーズ」シリーズは特に良かったです。
どのおばあちゃんもみんな可愛い!!かっこいい!!キャッ
中でも童話っぽい雰囲気が醸し出されてる写真「MITSUE」が私は一番好きでした。
あと、大阪のおばちゃんが客席から若手漫才師を応援している写真も個人的には好きでした。
写真よりも写真に添えられた文章が妙にツボにはまってしまって…(笑)
全ての写真の横には文章や台詞が添えられていて、写真に深みを与えていました。
ただ、文字がむちゃくちゃ小さいので読みにくかったのが難でしたが;;
小さい文字の方がお洒落に見えるのは分かるのですが、もうちょっとだけ大きくして欲しかったです。
美術館内には、やなぎみわさんの写真撮影の裏側を撮影したビデオも
上映されていてそれも興味深かったです。
男の人が可愛いおばあちゃん、イカしたおばあちゃんに
特殊メイクによって変身していく姿にはビックリ絵文字名を入力してくださいわぁ!!
ルーヴルよりも断然、やなぎみわ展の方が私は良かったと思いますダッシュ
今回出展された写真が全て載っている写真集(図録)も販売されていて友人は購入してましたにっこり


そしてその後、「堂島リバービエンナーレ2009」にも行きました。
1日に美術展を3つも回ってしまいました(笑)。ちょっぴりハードでしたが汗
この美術展は現代アート系のものだったのですが、
絵や立体造形よりもビデオ作品がメインでした。
ビデオ作品が展示された美術展に行ったのは初めてだったのですが正直私はあんまり…でしたアップロードファイル
「これのどこが美術作品なの?」と思ってしまうようなビデオが多かった気がするんですよね。
白状してしまうと、見てて途中で寝かけたビデオもありました汗03
外国人のおっちゃんが日本語でひたすら愚痴を言うビデオとか
これってわざわざ出展するほどのものじゃないんじゃないかなと思いました。
これならYoutubeとかで面白い動画見てる方がずっといいなぁなんて…
ただ、その中でも写真展示の「プライベート・ムーン」シリーズという作品は可愛くて好きでしたハート
月に恋した男性と月との可愛らしい写真です。
撮影に使用された月が会場の屋外に展示されていて17時以降にはライトアップされていました月
♡ ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 写真ブログへ 人気ブログランキング

Tags : 美術展感想


TOP

雑記は ツレヅレ へ。

※ 当ブログ内の文章や画像等の無断転載及び複製、引用等の行為はご遠慮ください。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 愛知県情報へ
人気ブログランキング

名前:
メール:
本文: